人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ
ウォータールー・ブリッジ (2005-04-12-TUE)
今日は久しぶりに早めの帰宅。といっても夜の8時なのですがこの明るさです。
1月に来たときは夕方の4時で真っ暗になっていたのに、たった3ヶ月でこんなにも変わってしまうのは驚きです。夏には夜の10時位まで明るいと聞きます。
地下鉄のエンバンクメント駅を降りると目の前がテムズ川で、そこから下流の東側にあたる位置にウォータールー・ブリッジが架かっています。
映画『哀愁』の舞台となったところで、原題も『WATERLOO BRIDGE』になってました。
ウォータールー・ブリッジ (2005-04-12-TUE)_c0031472_710173.jpg

橋の南側にはウォータールー駅があり、パリ・ブリュッセルを結ぶユーロスターの出発駅になってます。
ウォータールー・ブリッジ (2005-04-12-TUE)_c0031472_7103999.jpg

私は初め、この地名をワーテルローと発音して恥をかきました。
フランス皇帝ナポレオンと イギリスの智将ウェリントンの戦いをテーマにした映画のタイトルも『ワーテルロー』だったし、悔しくて調べたらフランス読みでした。 
合ってたじゃないですか。 でもイギリスではウォータールーです。確かアバの曲のタイトルも『恋のウォータールー』というのがありました。
ウォータールー・ブリッジ (2005-04-12-TUE)_c0031472_14213543.jpg

by kashimura_shinji | 2005-04-12 23:06 | ロンドン生活 | Comments(0)